アワフキムシ(泡吹虫)(読み)アワフキムシ

世界大百科事典 第2版の解説

アワフキムシ【アワフキムシ(泡吹虫)】

アワフキムシ科Cercopidaeに属する昆虫総称初夏ころに,いろいろな植物上で白色が見られ,その中にがいる。これはアワフキムシの幼虫である。日本に約50種が知られる。成虫セミに似るが,体長5~18mmくらいと小型で,不透明の革質化した翅をもつ。あまり目だたず,植物について,よく跳躍をする。夏から秋にかけて,植物の組織中や地中に数個ずつまとめて細長いを産む。この卵はすぐにかえらず,冬を越して翌年の春に孵化(ふか)する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android