コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンカプラー

栄養・生化学辞典の解説

アンカプラー

 脱共役剤ともいう.ミトコンドリアでは,基質と酸素を消費してATPを生産するが,ADPのATPへの変換がない場合は(ATPが十分細胞内にある場合など)基質の消費もみられないというように,両反応は同時に進行する.この基質の消費とATPの生産のカップリングを解除してATPの生産なくして基質と酸素を消費させる薬剤をアンカプラーという.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android