アンゲロナ(英語表記)Angerona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンゲロナ
Angerona

古代ローマの女神。口を縛り封印して,指を唇に当て,沈黙を命じる姿をした像に表わされ,冬至にあたる 12月 21日に,ディワリヤまたはアンゲロナリヤと呼ばれる祭りが行われた。冬至を,太陽が新生をとげ活力を取戻すために通過しなければならない隘路として観念していたローマ人は,この強力な女神が,1年間沈黙を守り通すことで内にたくわえた神秘的な力によって,太陽がこの危機の時点を無事通り抜けるのを助ける働きをするとみなしていたと思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android