コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコウ(鮟鱇) アンコウ goosefish

1件 の用語解説(アンコウ(鮟鱇)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンコウ【アンコウ(鮟鱇) goosefish】

アンコウ目アンコウ科Lophiidaeに属する海水魚の総称。温帯から熱帯にかけて広く分布し,沿岸域のやや深い海底にすむ。体色は黒褐色で,頭部は円盤状をなし上から押しつぶされたように著しく縦扁している。皮膚はうろこがなく滑らかで,多くの皮質突起を生じている。背びれ前部の棘条(きよくじよう)は3~4本が互いに遊離している。第1棘は吻端(ふんたん)近くにあってもっとも長く,その先端は変形し皮弁になり,これを揺り動かし,小魚を誘引して捕食する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンコウ(鮟鱇)の関連キーワードあんこアンコンあんこ型赤靴鮟鱇鮟鱇形さんこう目抜鮟鱇武者蛙鮟鱇提灯鮟鱇

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone