コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンシャン(鞍山)特別市(読み)アンシャン(英語表記)Anshan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンシャン(鞍山)〔特別市〕
アンシャン
Anshan

中国東北地方,リヤオニン (遼寧) 省中部にある鉱工業都市。中国第1の鉄鋼生産量を誇る。省轄市でアンシャン市の4つの市区と1市1県から成り,リヤオ (遼) 河下流の両岸にわたる。市区はリヤオ河平原の東縁にあって,20世紀初めに 20億tの鉄鉱石の埋蔵が確認されて急速に発展。日本占領の「満州国」時代には昭和製鋼所 (のちの満州製鉄会社) が設立されたが,空襲によって破壊され,日本の敗戦後,設備を旧ソ連に持去られた。人民共和国になって再建され,1956年に鉄鋼生産で中国1位となった。アンシャン鋼鉄公司による年産 700万tの鉄鋼コンビナートがあるが,さらに設備の更新,拡張が行われている。ほかに耐火資材,硫酸,コールタール,硫酸アンモニアなど重化学工業の大規模工場も立地する。鉄,石炭などの原鉱石は,おもに半径 50km以内にある鉱山から供給される。南部のハイチョン (海城) 市は滑石を産する。農村部はコムギ,ワタ,ダイズを主作物とする豊かな農業地域で,水稲栽培が増大している。シェンター (瀋大) 鉄道で省都シェンヤン (瀋陽) 特別市,港湾都市ターリエン (大連) 市と結ばれる。人口 283万 5596,うち市区人口 144万 2220 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android