コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジュ(安州) アンジュAnju

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジュ(安州)
アンジュ
Anju

北朝鮮,ピョンアンナム (平安南) 道の北西部,チョンチョン (清川) 江の南岸にある町。アンジュ郡の郡庁所在地。アンジュ平野の中心地で,水運と南北交通路との交点に発達。高句麗時代には息城と呼ばれたが,高麗時代には安北府となり,その末期から安州となった。 1906年西方のシナンジュ (新安州) にキョンウイ (京義) 鉄道が開通して衰退した。 56年水路延長 1200kmに及ぶピョンナム (平南) 灌漑事業が完成して,アンジュ平野が稲作を中心とする農業地域に変貌するとともに活気を取戻した。 78年からの第2次7ヵ年計画によって工業都市としての建設が進められた。東郊のアンジュ炭田は褐炭を産し,近代的な選炭場が建設されている。ケチョン (价川) 鉄道によってピョンウイ (平義) 鉄道,マンポ (満浦) 鉄道に連絡する。安州城址がある。人口 18万 6000 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンジュ(安州)の関連キーワードピョンアンナム(平安南)道チョンチョン(清川)江パクチョン(博川)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android