コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンスバハ=バイロイト辺境伯領 アンスバハ=バイロイトへんきょうはくりょうMarkgrafschaft Ansbach-Bayreuth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンスバハ=バイロイト辺境伯領
アンスバハ=バイロイトへんきょうはくりょう
Markgrafschaft Ansbach-Bayreuth

中世の南ドイツ,フランケン地方に形成された小領邦。アンスバハは8世紀にベネディクト会の修道院領として成立したが,1331年ホーエンツォレルン家のニュルンベルク城伯の支配下に入り,その後クルムバハバイロイト侯国としばしば結びついて,アンスバハ=バイロイトと呼ばれた。 1791年プロシアに併合,1806年からはバイエルン領となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンスバハ=バイロイト辺境伯領の関連キーワードハルデンベルク

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android