アンダーソン(読み)あんだーそん(英語表記)Marian Anderson

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンダーソン(Marian Anderson)
あんだーそん
Marian Anderson
(1897―1993)

アメリカのコントラルト歌手。フィラデルフィアの貧しい黒人家庭に生まれ、初め教会の聖歌隊で歌っていた。のちニューヨークで学び、1925年ニューヨーク・フィルハーモニック協会の声楽コンペティションで1位に入賞してコンサート・デビューに成功。大指揮者トスカニーニから「百年に一度の声」と激賞された深みのある声の持ち主で、1955年1月には黒人歌手として初めてメトロポリタン歌劇場に出演した。とくに黒人霊歌の歌唱は傑出していた。1953年訪日公演。1965年に引退。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンダーソンの関連情報