コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > アンダーソン,J.(フリーメーソン)とは

アンダーソン,J.(フリーメーソン) あんだーそん

世界大百科事典内のアンダーソン,J.(フリーメーソン)の言及

【フリーメーソン】より


[近代フリーメーソンの誕生と活動の拡大]
 ロンドンとウェストミンスターにあった四つのロッジ(本来は大建築現場の職人たちの〈普請小屋〉の意)が,セーヤーAnthony Sayerの音頭で〈団結と調和の中心〉たる一つの大ロッジに大同団結したのは,1717年洗礼者ヨハネの祝日(6月24日)であった。6年後の23年,プロテスタント牧師アンダーソンJames Andersonによって〈憲章〉が編纂され,フリーメーソン会員が遵守すべき道徳律たる〈古き諸義務〉が制定された。ちなみに基本単位のロッジを上位の大ロッジに統合していく組織形態は以後も変わらず,いまでも世界各国に一つずつの大ロッジが置かれて,下部の地方的ロッジを統括している。…

※「アンダーソン,J.(フリーメーソン)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android