コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチオコス7世(読み)アンチオコスななせい(英語表記)Antiochos VII Sidētēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチオコス7世
アンチオコスななせい
Antiochos VII Sidētēs

[生]前159頃
[没]前129
セレウコス朝シリアの王 (在位前 138~129) 。デメトリオス1世の子,同2世の弟。前 141年兄王がパルティア人に捕われ,前 139年摂政の兄嫁と結婚。前 135/4年エルサレムを攻略,ユダを属国とした (第1マカベア書 14・1~14) 。東方の失地回復をねらってメソポタミアからパルティアを駆逐し,メディアに攻め入ったが,パルティア人は内乱を策して兄王を釈放し,陣営を奇襲してアンチオコス7世を殺害した。その後,セレウコス朝は内乱で分裂し,帝国統一の夢は消えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android