コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチオコス7世 アンチオコスななせいAntiochos VII Sidētēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチオコス7世
アンチオコスななせい
Antiochos VII Sidētēs

[生]前159頃
[没]前129
セレウコス朝シリアの王 (在位前 138~129) 。デメトリオス1世の子,同2世の弟。前 141年兄王がパルティア人に捕われ,前 139年摂政の兄嫁と結婚。前 135/4年エルサレムを攻略,ユダを属国とした (第1マカベア書 14・1~14) 。東方の失地回復をねらってメソポタミアからパルティアを駆逐し,メディアに攻め入ったが,パルティア人は内乱を策して兄王を釈放し,陣営を奇襲してアンチオコス7世を殺害した。その後,セレウコス朝は内乱で分裂し,帝国統一の夢は消えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンチオコス7世の関連キーワードフラーテス2世デメトリオス

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android