アンチストレス鉱物(読み)アンチストレスこうぶつ(英語表記)antistress mineral

岩石学辞典の解説

アンチストレス鉱物

灰長石,カリ長石,輝石,Mg-橄欖(かんらん)石,紅柱石などのような鉱物変成岩に形成される場合には,剪断応力ではなく熱による作用と静水圧の影響を受ける傾向がある.このような鉱物がアンチストレス鉱物[Harker : 1918].この反対はストレス鉱物である.これらの鉱物の形成に応力は関係がないと考えられるようになり,この語は現在では使われていない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android