コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチデューン antidune

岩石学辞典の解説

アンチデューン

水面下の砂に現れる長く低い横波で,比較的速い流れで水の表面波の相.砂の波は下流に向けて移動し,定常的に留まることがあり,さらに短命な表面波のように上流に移動することも普通である[Gilbert : 1914, Allen : 1968].誤って火炎構造(flame structure)として用いられた[Lamont : 1957].河床物質とくに砂粒が流れにより移動し,河床上に形成する波形の尾根の方向は普通は流れにほぼ直角である.流れに逆らって尾根が上流に移動するものをアンチデューンという[木村ほか : 1973].流れの高領域の一方向流によって形成されるベッドフォームで,平滑床を作る流れよりも流速が大きくなるとアンチデューンが形成され,さらに大きくなると底面が浸食される[地学団体研究会 : 1996].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

アンチデューンの関連キーワード反砂丘

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android