コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチリップレット antiripplet

1件 の用語解説(アンチリップレットの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アンチリップレット

波長が2cm以下の小さい横方向のリップルで上流側は急である.シルトの湿気のある表面上を風が吹いて形成されたもの[Van Straaten : 1953].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンチリップレットの関連キーワードリップル斜交葉理磯波リップルオーバーハンギング・リップル振動交差リップル波形リップル風成リップルマーク複合リップルリップル・インデックスリップル高度リップル層理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone