コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンテルス アンテルスAnterus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンテルス
Anterus

[生]?. ギリシア
[没]236.1.3. ローマ
ギリシア出身の第19代教皇(在位 235~236)。聖人。前任の教皇ポンチアヌス(在位 230~235)がサルジニア島の鉱山に流刑になっている間に教皇に選出され,数週間在位した。"Liber Pontificalis"によれば,殉教者(→殉教)らの言行録をまとめ,教会の書庫で保管するよう指示したことにより,自身も殉教することとなった。祝日は 1月3日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンテルスの関連キーワードファビアヌス