コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントゥルスチオ アントゥルスチオantrustio; antrustion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントゥルスチオ
antrustio; antrustion

メロビング朝時代のフランク王国で,国王の特別の保護下におかれ,国王に対し奉仕した貴族的従士のこと。古代ローマの歴史家タキツスの記すゲルマン時代のコンパニオ制度を継ぐものであり,メロビング朝時代の唯一の軍隊組織と考えられる。相互契約に基づき,忠誠を誓い,従士の訴訟は複雑な手続を必要とした。クロービス時代に重要な意味をもったが,7~8世紀の王権衰退期に衰え,カルル1世 (大帝) の従士制 comitatusの出現で新しい家臣制度に移行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android