アントニウス[パドバの](英語表記)Antonius

世界大百科事典 第2版の解説

アントニウス[パドバの]【Antonius】

1195‐1231
イタリアのパドバ近郊に没した聖人,教会博士。最初の名はフェルナンドリスボン名家に生まれ,15歳でアウグスティヌス会派聖堂参事会に入るが,1212年コインブラに移り,ここで勉学中の20年モロッコで殉教したフランシスコ会士5人の遺骸がこの町を通るのを見て感動して同会士となり,以後アントニウスと名のる。21年以後イタリアで活動,その雄弁と学識のみならず,清貧に徹した人柄は生前から広く民衆に敬愛された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android