コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントニウス[パドバの] Antonius

1件 の用語解説(アントニウス[パドバの]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アントニウス[パドバの]【Antonius】

1195‐1231
イタリアパドバ近郊に没した聖人,教会博士。最初の名はフェルナンドリスボンの名家に生まれ,15歳でアウグスティヌス会派聖堂参事会に入るが,1212年コインブラに移り,ここで勉学中の20年モロッコで殉教したフランシスコ会士5人の遺骸がこの町を通るのを見て感動して同会士となり,以後アントニウスと名のる。21年以後イタリアで活動,その雄弁と学識のみならず,清貧に徹した人柄は生前から広く民衆に敬愛された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アントニウス[パドバの]の関連キーワード春華門院土御門天皇施無畏寺土御門天皇土御門天皇土御門天皇特定不妊治療聖福寺中山忠親冥王星

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone