アントニオ ガウディ・イ・コルネット(英語表記)Antonio Gaudi y Cornet

20世紀西洋人名事典の解説

アントニオ ガウディ・イ・コルネット
Antonio Gaudi y Cornet


1852.6.26 - 1926.6.10
スペインの建築家。
タラゴーナ県レウス(スペイン)生まれ。
別名Antoni Gaudi i Cornet。
カタルーニャ地方独自の建築技術の適応、ゴシック建築の合理性、イスラム風の装飾を融合し、自然の中にみられる有機的構成の曲面局線を主体にした独自のアール・ヌーヴォー様式を生み出す。作品のほとんどがバルセロナ及びその周辺に集中している。代表作に「グエル公園」(1900〜14年)、「カサ・ミラ」(’10年)などがある。サグラダ・ファミリア聖堂建築中にバルセロナにて交通事故で不慮の死を遂げる。同堂は現在も建築中。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android