コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントニン・レーモンド(1888〜1976)

1件 の用語解説(アントニン・レーモンド(1888〜1976)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アントニン・レーモンド(1888〜1976)

機能や合理性を重視したモダニズム建築を得意とする建築家。チェコに生まれ、渡米後、旧帝国ホテルを設計したフランク・L・ライトの弟子として19年に来日。計44年間滞在。東京女子大の建築群について、藤岡洋保・東京工業大大学院教授(近代建築史)は「新技術である鉄筋コンクリート造りで、当時としては珍しい耐震の考え方も採り入れている。建築史、技術史的に見ても意義がある」と評価する。

(2007-07-03 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アントニン・レーモンド(1888〜1976)の関連キーワード機能主義近代建築コムニズム峰センチメンタリズム非合理主義オルタナティブモダンポストモダニズムモダン坂倉準三(1901~69)安井武雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone