コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントネスク,I. あんとねすく

世界大百科事典内のアントネスク,I.の言及

【ルーマニア】より

…34年にはユーゴスラビア,ギリシア,トルコとともにバルカン協商を結成したが,ドイツ,イタリアの圧力が強まるなかで,40年カロル2世は退位し,再びミハイが王位に即いた。ドイツに信任のあついアントネスクが国家指導者となり,やがて日独伊三国同盟に加盟した。この間40年6月にソ連はルーマニアに最後通牒を送り,ベッサラビアと北ブコビナを領有,ブルガリアも南ドブロジャを領有,またドイツ,イタリアのウィーン裁定によってトランシルバニア北部がハンガリーに与えられた。…

※「アントネスク,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android