コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントノフと旧ソ連の航空開発

1件 の用語解説(アントノフと旧ソ連の航空開発の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アントノフと旧ソ連の航空開発

旧ソ連の航空機開発は、他の兵器同様、「設計局」でおこなわれていた。「ミグ戦闘久で知られる「ミコヤン・グレビッチ設計局」や「スホイ」の「スホイ設計局」が有名で、輸送機はウクライナ共和国にあった「アントノフ設計局」が担当。輸送機本体の製造はウクライナとロシアで行われていた。旧ソ連崩壊後は、アントノフ社に衣替えしたが、サプライチェーン(供給網)は旧ソ連時のままで、ロシアの企業とのやりとりが多い。ウクライナには、航空エンジンを製造するモトル・シチ社もある。専門誌によると、同社はこれまで、年約400基のエンジンをロシアに供給していた。

(2014-09-09 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アントノフと旧ソ連の航空開発の関連キーワードイリューシン航空爆弾旧ソ連の核管理国産小型ジェット旅客機開発計画航空機関士航空便AIAHTA母機朝鮮戦争とソ連空軍

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アントノフと旧ソ連の航空開発の関連情報