コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントワープのマルクト広場 アントワープのマルクトひろば

1件 の用語解説(アントワープのマルクト広場の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アントワープのマルクトひろば【アントワープのマルクト広場】

ベルギー北部の同国第2の都市アントワープ旧市街中心部にある広場。近くにスヘルデ川が流れている。アントワープ中央駅からは徒歩約20分、最寄り地下鉄グルーンプラッツ(Groenplaats)駅からは徒歩約5分の場所にある。この広場に面して、16世紀に建造されたルネサンス様式の市庁舎(Stadhuis)や15世紀につくられたギルドハウス(同業者組合)などの重厚な歴史的建造物が建ち並んでいる。広場中央のベルギーの英雄「ブラボー像」のある噴水は1887年に建てられたものである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アントワープのマルクト広場の関連キーワードアントワープアントウェルペンヘントメヘレンジンメルの塔聖グマルス教会Ошアルベール運河スヘルデ[川]ベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone