アントワープのマルクト広場(読み)アントワープのマルクトひろば

世界の観光地名がわかる事典の解説

アントワープのマルクトひろば【アントワープのマルクト広場】

ベルギー北部の同国第2の都市アントワープ旧市街中心部にある広場。近くにスヘルデ川が流れている。アントワープ中央駅からは徒歩約20分、最寄りの地下鉄グルーンプラッツ(Groenplaats)駅からは徒歩約5分の場所にある。この広場に面して、16世紀に建造されたルネサンス様式の市庁舎(Stadhuis)や15世紀につくられたギルドハウス(同業者組合)などの重厚な歴史的建造物が建ち並んでいる。広場中央のベルギーの英雄「ブラボー像」のある噴水は1887年に建てられたものである。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android