アントーニオ ペドロッティ(英語表記)Antonio Pedrotti

20世紀西洋人名事典の解説

アントーニオ ペドロッティ
Antonio Pedrotti


1901.8.14 - 1975.5.18
イタリアの指揮者
元・聖チェチーリア音楽院副院長,元・アウグステオ管弦楽団(現聖チェチーリア音楽院管弦楽団)音楽副監督。
トレント生まれ。
聖チェチーリア音楽院で作曲をレスピーギ、指揮をモリナーリに師事。フィルハーモニア協会管弦楽団の指揮者となり、1932年からトレント市立音楽院院長を兼任。’38年聖チェチーリア音楽院副院長兼アウグステオ管弦楽団音楽副監督。戦後はフリーで活動し、イタリアをはじめ欧州各地で客演。’60年レントでボルツァーノとハイドン管弦楽団を結成。レコードにはチェコ・フィルとのレスピーギの交響詩「ローマ三部作」、ラヴェルの「マ・メール・ロワ」「亡き王女のためのパヴァーヌ」、ファリャの「スペインの庭の夜」などがある(国内盤はすべて廃盤)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android