アンドラーシ通り(読み)アンドラーシドオリ

デジタル大辞泉の解説

アンドラーシ‐どおり〔‐どほり〕【アンドラーシ通り】

Andrássy út》ハンガリーの首都ブダペスト中心部にある通り。エルジェーベト広場から英雄広場までの約2.5キロメートルを結ぶ。1872年、建国1000年を記念し、首相ジューラ=アンドラーシによって建設。名称は同首相に由来する。通り沿いには都市計画に基づいて建造されたネオルネサンス様式の建物のほか、聖イシュトバーン大聖堂、ハンガリー国立歌劇場、リスト音楽院、コダーイ記念博物館などがあり、通りの下にはヨーロッパ大陸初の地下鉄が走っている。2002年、「ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android