コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドレアス=ザロメ Andreas-Salomé, Lou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドレアス=ザロメ
Andreas-Salomé, Lou

[生]1861.2.12. ペテルブルグ
[没]1937.2.5. ゲッティンゲン
ドイツの女流作家。ロシアの将軍の娘で,チューリヒ大学に学んだ。ニーチェリルケと親しく,特にニーチェとは一時は結婚まで進んだが破れた。ニーチェの生涯でザロメ体験として有名。ザロメも『作品に表われたニーチェ』 Ffriedrich Nietzsche in seinen Werken (1894) を書いた。リルケの『ドゥイノの悲歌』はザロメに捧げられた。フロイトとも学問上の交際があり,小説,随筆,心理学の論文などを書いた。 1887年ドイツ人の東洋学者 F.K.アンドレアスと結婚。主著『リルケ』 Rainer Maria Rilke (1928) ,『フロイトへの感謝』 Mein Dank an Freud (31) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンドレアス=ザロメの関連キーワード炭酸塩岩脈文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)ウェストンスウィフトダールマンタゴールチャーチ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android