コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドレイ・ボゴリュプスキー Andrei Bogolyubskii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンドレイ・ボゴリュプスキー
Andrei Bogolyubskii

[生]1111頃
[没]1174.7. ウラジーミル近郊ボゴリューボボ
ロシアの東北ルーシ,ウラジーミルスズダリ公 (在位 1157~74) 。ユーリー・ドルゴルーキーの子。旧都ロストフ,スズダリを中心に公の権力を脅かしはじめた貴族勢力と対抗するため,都市住民と中小戦士階級に依拠しつつ新都をウラジーミルに定め,そこに聖像を移し,数々の大寺院を建立して市の宗教的権威を高め,公位の強化に努めた。 1169年キエフ市を占領して没落しつつあったキエフ国家に最後のとどめを刺し,南方キエフに対する北方ウラジーミル,スズダリの宗主権を確立した。貴族を家臣に変え,封建的分裂状態を克服して,キエフ,ノブゴロドを包含する中央集権的な統一国家を建設しようとしたが,いまだ機が熟さず,反対派貴族の一党によって暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンドレイ・ボゴリュプスキーの関連キーワードウラジーミル=スズダリ公国ガリチ=ボルイン公国キエフ公国

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android