コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナ・カレーニナ Anna Karenina

世界大百科事典 第2版の解説

アンナ・カレーニナ【Anna Karenina】

ロシアの小説家レフ・トルストイ長編小説。1875‐77年刊。女主人公アンナは,ペテルブルグの政府高官カレーニンの妻であるが,冷ややかでよそよそしい夫にあきたらず,美貌の青年将校ウロンスキーを愛するようになる。世間体よりも自分の感情を忠実に貫こうとしたアンナは,貴族社会から締め出され,愛人の愛情にも疑いをもつようになって,ついに鉄道自殺をとげる。これと対照的に描かれるのが,トルストイの分身とも言えるレービンとキティとの祝福された牧歌的な愛である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アンナ・カレーニナの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ネミロビッチ=ダンチェンコアレクセイ ラトマンスキーコンスタント ランバート復活(トルストイの小説)マーイヤ プリセツカヤイワン・イリイッチの死サリー・アン ハウズマイヤ プリセツカヤクロイツェル・ソナタボリス エイフマンM.トルストイ(年譜)アンナ・カレーニナニコラ パジェットソフィー マルソー水谷八重子(初代)イヤ サーヴィナフィオナ ショーいまむら いづみ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンナ・カレーニナの関連情報