コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナ・カレーニナ Anna Karenina

世界大百科事典 第2版の解説

アンナ・カレーニナ【Anna Karenina】

ロシアの小説家レフ・トルストイ長編小説。1875‐77年刊。女主人公アンナは,ペテルブルグの政府高官カレーニンの妻であるが,冷ややかでよそよそしい夫にあきたらず,美貌の青年将校ウロンスキーを愛するようになる。世間体よりも自分の感情を忠実に貫こうとしたアンナは,貴族社会から締め出され,愛人の愛情にも疑いをもつようになって,ついに鉄道自殺をとげる。これと対照的に描かれるのが,トルストイの分身とも言えるレービンとキティとの祝福された牧歌的な愛である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンナ・カレーニナの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)アレクセイ ラトマンスキーネミロビッチ=ダンチェンココンスタント ランバート復活(トルストイの小説)イワン・イリイッチの死マーイヤ プリセツカヤクロイツェル・ソナタマイヤ プリセツカヤサリー・アン ハウズボリス エイフマンニコラ パジェットM.ソフィー マルソートルストイ(年譜)アンナ・カレーニナ水谷八重子(初代)イヤ サーヴィナフィオナ ショーいまむら いづみ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android