コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナ・ペレンナ Anna Perenna

1件 の用語解説(アンナ・ペレンナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンナ・ペレンナ【Anna Perenna】

古代ローマの年のめぐりの女神。アンナ普通名詞〈年annus〉を女性形にしたもの,またペレンナは〈永久〉の意。彼女の祭りは3月15日(旧暦の新年最初の満月の日)に,フラミニア街道の最初の一里塚がある地点の森の中で催された。この日は無礼講が許され,人々は酒杯を重ねてその数だけの年の幸せを祈った。女神に関しては詩人オウィディウス《祭暦》の中で二つの話を伝えている。一つはこの女神をカルタゴの女王ディドの妹のアンナと同一視するもので,ディドの死後,イタリアへ逃れたアンナがアエネアスの厚遇をうけたものの,その妻に嫌われ,河神ヌミキウスNumiciusのニンフになったと説く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンナ・ペレンナの関連キーワードフロラエリノメローマの七丘ローマ風呂古代ローマ帝国ローマの泉古代ローマの航跡をたどれローマの祭りテルリック・プレッシャー古代ローマ人の格言

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone