アンネ-フランクの家(読み)アンネフランクのいえ

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンネフランクのいえ【アンネ-フランクの家】

オランダの首都アムステルダムにある博物館・記念館。『アンネの日記』の著者アンネ・フランクとその一家8人が、1942年からゲシュタポナチスドイツの秘密警察)に捕まるまでの約2年間、ナチスからの迫害を逃れて過ごした隠れ家。現在、アンネ・フランク財団が管理・運営する博物館・記念館になっている。ダム広場の西北西600mほどのプリンセン運河沿いにある、17世紀建造の古い商館の中にある3階の一室の回転本棚が、アンネの家に通じる扉になっている。奥の屋根裏部屋が当時のまま保存されている。アンネ直筆の日記もここに展示されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android