コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンハルト家 アンハルトけAnhalter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンハルト家
アンハルトけ
Anhalter

中世初期,中部ドイツのザクセン部族のなかから興った貴族の家門。アスカニエル家の分枝。エルベ川中流左岸に侯国を形成。 16世紀にはいちはやくルター主義の宗教改革を行なったが,その後ケーテン,ツェルプスト,デッサウなどの小侯国に分裂。 17~18世紀にアンハルト=ケーテンは文芸の保護で,アンハルト=デッサウはプロシアの軍制改革への協力で知られる。ドイツ連邦のもとでは,ケーテン,デッサウ,ベルンブルクの3家がそれぞれ公国を形成したが,1863年以後はデッサウ系のみがアンハルト公として存続し,その領土はドイツ統一以後は「邦」の一つとして維持され,第2次世界大戦後は東ドイツに属し,1952年の州制度廃止までと,90年ドイツ統一以降ザクセンアンハルト州の一部を構成。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンハルト家の関連キーワードアンハルト=デッサウ

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android