コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンバール県 アンバールal-Anbār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンバール〔県〕
アンバール
al-Anbār

イラク西部の県。県都はラマーディチグリス川ユーフラテス川の分水界から,シリアヨルダン,サウジアラビアとの国境まで広がり,広大なシリア砂漠の一部を含んでいる。イラク最大の県で,1969年以前のラマーディ県を改称してつくられた。現在のラマーディの下流にあった古代アンバールは,アッバース朝創始期から,バグダード遷都まで同王朝の首都であった。県北をユーフラテス川が北西から南東へ貫流するが,県南をほぼ東西流するほかの河川は,ほとんど涸れ川 (ワディ) である。シリアからの道路は,ハディーサヒートを経由するものと,砂漠横断のルトバ経由の2本があり,後者はヨルダンとも通じる。ユーフラテス沿岸では灌漑農業が開発されつつあり,綿花,コムギ,野菜が栽培される。面積 13万 7808km2。人口 86万 5500 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンバール県の関連キーワードハッバーニーヤ湖サルサール湖ファルージャムサンナ県カーイムアナー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンバール県の関連情報