コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンビオリクス Ambiorix

世界大百科事典 第2版の解説

アンビオリクス【Ambiorix】

前1世紀中ごろ,ガリアのエブロネス族(およそ現在のベルギー東端部に居住)の王。生没年不詳。カエサルの《ガリア戦記》に彼を最も苦しめた敵として現れる。はじめカエサルを援助したが,前54年に反逆。彼の部将2人を敗死させてガリア人の反ローマ運動を盛り上がらせ,さらにゲリラ戦法でローマ軍を苦しめた。カエサルが彼の国を徹底的に殲滅(せんめつ)すると,アンビオリクスはゲルマニアに逃れ,歴史から姿を消した。【吉村 忠典】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android