コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンビオリクス Ambiorix

1件 の用語解説(アンビオリクスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アンビオリクス【Ambiorix】

前1世紀中ごろ,ガリアエブロネス族(およそ現在のベルギー東端部に居住)の王。生没年不詳。カエサルの《ガリア戦記》に彼を最も苦しめた敵として現れる。はじめカエサルを援助したが,前54年に反逆。彼の部将2人を敗死させてガリア人の反ローマ運動を盛り上がらせ,さらにゲリラ戦法でローマ軍を苦しめた。カエサルが彼の国を徹底的に殲滅(せんめつ)すると,アンビオリクスはゲルマニアに逃れ,歴史から姿を消した。【吉村 忠典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンビオリクスの関連キーワードアケメネス朝アナクシメネスアモスガリアフン族ミクロネシア人竜樹サランタコロネスダカーポアリアバロネス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone