コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンフィトルオ Amphitruo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンフィトルオ
Amphitruo

ローマのプラウツスの喜劇。前 196年頃の作。ギリシア神話に基づく古代喜劇として現存する唯一の作品。おそらくギリシアの新喜劇作者フィレモンの戯曲の翻案で,ユピテルがアンフィトルオ (アンフィトリュオン) の姿に化けてその妻アルクメナを訪れるという,ヘラクレス生誕にまつわる英雄伝説を扱う。作者自身が悲喜劇と呼んだように,滑稽な場面のなかに貞淑なアルクメナの威厳のある姿などパラトラジック・パトスが混入している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンフィトルオの関連キーワードプラウトゥスローマ演劇

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android