コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンボン Ambon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンボン
Ambon

旧称アンボイナ Amboina。インドネシアマルク (モルッカ) 諸島中部の港市マルク州の州都。セラム島南西方にあるアンボン島の南岸に位置し,バンダ海にのぞむ。年平均気温 26.7℃,月降水量 114mm (11月) ~638mm (6月) 。チョウジの産地であるセラム島,アンボン島を控えた港町として,中世にはイスラム商人による香料貿易の中心地として繁栄。 1512年ポルトガル人が侵入して以来,ヨーロッパ列強の争奪の的とされたが,アンボイナ事件ののちオランダが支配権を握った。住民の大部分はメラネシア人キリスト教徒で,インドネシア独立に際しては,南マルク共和国として分離を要求したり,オランダ軍に加わったりした者も多い。港はチョウジ,米,コーヒー,砂糖などを積出し,カツオ,マグロなどの大型漁船の基地となっている。人口 31万 3100 (1995推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアンボンの言及

【アンボン[島]】より

…火山性で最高点はサルフートゥー山(1340m)。住民はマレー系とパプア系の混血したアンボン族で,肌色は黒く,毛髪は縮れている。小島ではあるが古くからチョウジ,ニクズクなどの香料産地として知られ,そのうえ戦略的要点にも当たる。…

【アンボン事件】より

…インドネシア東部バンダ海の小島アンボンで1623年2~3月に起こったオランダ,イギリス両国商館間の紛争。2月末にイギリス商館の日本人傭兵がオランダ商館の様子を調べているのに不審を抱いたオランダ商館長は,イギリスの商館長以下全員を捕らえて拷問を加えた。…

※「アンボン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンボンの関連キーワードアンボンクロザメガイオランダ東インド会社サンアントニオデパレラッセル クロウジョージ タケイアンボイナ[島]モルッカ[諸島]アンボイナガイアンボン[島]ムルタトゥーリアノーボーン島ファン・ネックセラム[島]アンボン島民ファクファクアンボイナ島モルッカ諸島アンボン事件飯田かおり赤道ギニア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンボンの関連情報