コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンミアヌス・マルケリヌス Ammianus Marcellinus

世界大百科事典 第2版の解説

アンミアヌス・マルケリヌス【Ammianus Marcellinus】

330ころ‐395ころ
古代末期最大のローマ史家。アンティオキア出身の上流ギリシア人。兵士として彼の尊敬するウルシキヌスに従い,イタリア,ガリア,東方に遠征,のちユリアヌスのペルシア遠征にも従軍した。378年以降はローマに居住して著述し,ラテン語で全31巻のローマ史を著した。タキトゥスを受け継ぐ意図をもって,ネルウァからグラティアヌスまで(96‐378)の歴史を書いたが,はじめの13巻は失われ,353年コンスタンティヌス2世の治世後半以後の,彼の同時代の部分のみが現存。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアンミアヌス・マルケリヌスの言及

【ラテン文学】より

…こうして古典ラテン文学はキリスト教徒の手によって中世に伝えられていく。 世俗文学も,往年の光輝はないけれども,4世紀後半から5世紀前半にかけて再生し,タキトゥス以後の歴史を執筆したアンミアヌス・マルケリヌス,ローマ史の概要を書いたエウトロピウスEutropius,皇帝伝のアウレリウス・ウィクトルAurelius Victorなどの歴史家が出た。しかし世界史概要を著したオロシウスはアウグスティヌスの影響を受け,叙事詩の韻律で《モーゼル川》を書いた詩人・修辞学者アウソニウスは,キリスト教徒であって,キリスト教徒による世俗文学の開祖とされるように,世俗文学の側からもキリスト教との握手が始まっている。…

【ローマ没落史観】より

…帝政末期の危機は〈世界の老齢化〉を当時の人々に痛感させ,〈永遠のローマ〉理念を再燃させる一方で,その老齢化の責任をめぐる論争を引き起こした。アンミアヌス・マルケリヌスのように道徳的堕落という伝統的原因論をとる者もいたが,異教勢力はまた帝国のキリスト教化に衰退の主因をみた。これに対してキリスト教側はキリスト教的ローマ理念をもって対抗するが,410年西ゴートによるローマ市略奪ののち,異教徒に対して最も有効な論駁(ろんばく)をなしえたのは,〈神の国〉と〈地の国〉を区別するアウグスティヌスの《神の国》であった。…

【ローマ理念】より


[古代末期における高揚]
 ローマ帝政後期になってゲルマンの脅威が深刻化してくると,ゲルマンの粗暴・野蛮に対する文明・秩序の象徴ローマへの信仰が再燃し,とくに378年アドリアノープルにおける敗戦以後の危機的状況のなかでその激しさを増す。反ゲルマン的なローマ愛国心の発揚はアンミアヌス・マルケリヌスに顕著であるが,アンブロシウスやプルデンティウス,キュレネのシュネシオスらの著作に認められるように,キリスト教徒知識層もこの反ゲルマン感情を共有していた。4世紀初頭,コンスタンティヌス1世のイデオローグともいえるカエサレアの司教エウセビオスは,メリトンの哲学を継承してローマ帝国の摂理的使命を説き,皇帝は地上における神の似像(にすがた)であるとして,キリスト教的帝国理念,神寵帝理念を打ち出していた。…

※「アンミアヌス・マルケリヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アンミアヌス・マルケリヌスの関連キーワード西ローマ帝国ルフィヌスアラリック1世ビザンチン帝国ライブビューアレクサンドリア[古代]テオドシウスエウトロピウスコリントス戦争テオドシウス[1世]