コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモニオス・サッカス Ammōnios Sakkas

世界大百科事典 第2版の解説

アンモニオス・サッカス【Ammōnios Sakkas】

3世紀前半にアレクサンドリアで活躍した神秘主義哲学者。生没年,出身,学統は不詳。〈神より教わりし人theodidaklōs〉という異名をもつことから考え,生来の神秘家だったか,密儀伝授の導師だったらしい。ソクラテスと同様,まったく著作を遺さなかったが,その門下に古代末期の三大巨匠を生んだ。新プラトン学派の創立者プロティノス,キリスト教神学者オリゲネス,修辞学者ロンギノスがそれである。【大沼 忠弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アンモニオス・サッカスの関連キーワードギリシア哲学史(年表)新プラトン主義アンモニオスプロチノス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android