コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンモン人 アンモンびとAmmonites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンモン人
アンモンびと
Ammonites

古代セム系の民族。旧約聖書では「アンモンの子」と呼ばれ,ロトの次男のベニアンミの子孫とされている (創世記 19・38) 。半遊牧民だったが前 13世紀頃モアブの北に王国を建て,ラバトアンモン (現ヨルダンのアンマン) を首都としてイスラエル民族と抗争を繰返した。ダビデに都を征服され,エホヤキムの時代 (前 609~598頃) にはユダを攻撃 (列王紀下 24章) ,前6世紀にはバビロニア捕囚から帰ったイスラエル人を悩ましたが,その頃から王国の結束は次第に衰え,前2世紀にはユダス・マカベウスに敗れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンモン人の関連キーワードバビロニア捕囚イスラエル史モアブ人ギレアデエドム人エフタサウル