アーウィン ローズ(英語表記)Irwin Rose

現代外国人名録2012の解説

アーウィン ローズ
Irwin Rose


国籍
米国

専門
分子生物学者

肩書
カリフォルニア大学アーバイン校医学部スペシャリスト 米国科学アカデミー会員

本名
Irwin Ernie Rose

生年月日
1926/7/16

出生地
ニューヨーク市ブルックリン

学歴
シカゴ大学

学位
博士号(シカゴ大学)

経歴
第二次世界大戦中は米国海軍に通信技術者として従軍。戦後、シカゴ大学に進み、博士号を取得。1963〜95年フォックス・チェースがんセンター(フィラデルフィア)上級研究員を経て、’95年よりカリフォルニア大学アーバイン校医学部スペシャリスト。この間、’70年代後半から’80年代前半、細胞の中で不要になったたんぱく質に“ユビキチン”が結合し、必要なものと区別する目印として働くことを発見。パーキンソン病、がんなどの治療や予防に道を拓いた。2004年これらの業績により、イスラエル工科大学のアーロン・チカノバー教授、アブラム・ハーシュコ教授とともにノーベル化学賞を受賞。

業績
ユビキチンの発見

受賞
ノーベル化学賞〔2004年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android