コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーガー・ハーン[3世] Āghā Khān III

1件 の用語解説(アーガー・ハーン[3世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アーガー・ハーン[3世]【Āghā Khān III】

1877‐1957
インドパキスタンに多いイスラムニザール派内ホジャ派の長で,アーガー・ハーン1世の孫。西欧的教育を受け,若くして西欧諸国を歴訪し,著名な政治指導者たちと会見。政治への関心が強く,1906年の全インド・ムスリム連盟創設に関与し,07‐14年その議長であった。終始親英的姿勢を鮮明に出し,早くからインドの将来は〈自治領の地位〉にあると述べている。31‐32年の英印円卓会議インド人代表の一人として出席。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアーガー・ハーン[3世]の言及

【ムスリム連盟】より

…1905年のベンガル分割令に対する反対運動の中でアリーガル大学を中心としてムスリム独自の政党設立が試みられた。そうした政党結成に向けての運動の中で06年10月,大実業家のアーガー・ハーン3世を中心とするムスリム代表派遣団はイギリスの新総督ミントー(在任1905‐10)と会見,ムスリムの政治的権利を認めるように訴えた。総督はイギリス本国の分割統治の方針に基づき,国民会議派とは別のムスリム独自の政治的要求に好意的態度を示し,同年12月にダッカで連盟の創立大会が開かれたのである。…

※「アーガー・ハーン[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーガー・ハーン[3世]の関連キーワードカシミールジンナーパキスタンムルタンラホール東パキスタン電気スタンドルピー日本とパキスタンパキスタン大地震

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone