コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アークヒルズと六本木ヒルズ

1件 の用語解説(アークヒルズと六本木ヒルズの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アークヒルズと六本木ヒルズ

アークヒルズ(5.5ヘクタール)は住宅、オフィスホテルコンサートホールなどで構成。69年に都市再開発法が施行した直後、東京都から周辺も含めた再開発を提案され、始まった。六本木ヒルズ(11.6ヘクタール)は86年に都の再開発誘導地区に指定され、事業がスタート最先端の金融、情報技術産業が集中する「ヒルズ族」の拠点。約230の商業施設のほか住宅、テレビ朝日、ホテル、映画館などがある。

(2006-05-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アークヒルズと六本木ヒルズの関連キーワードヘクタール農地エークターラアイランドシティ(人工島)マリンポートかごしま梅田北ヤード再開発人工林と間伐道南杉第8-1A街区

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone