アークヒルズと六本木ヒルズ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アークヒルズと六本木ヒルズ

アークヒルズ(5.5ヘクタール)は住宅、オフィスホテルコンサートホールなどで構成。69年に都市再開発法が施行した直後、東京都から周辺も含めた再開発を提案され、始まった。六本木ヒルズ(11.6ヘクタール)は86年に都の再開発誘導地区に指定され、事業がスタート。最先端の金融、情報技術産業が集中する「ヒルズ族」の拠点。約230の商業施設のほか住宅、テレビ朝日、ホテル、映画館などがある。

(2006-05-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報