アーク灯・アーク燈(読み)アークとう

大辞林 第三版の解説

アーク放電に伴う発光を利用した光源。特に、炭素電極による大気中でのアーク放電灯をさす。明治初期に街路灯に用いられた。のちサーチライト・映写用光源・医療用紫外線灯・写真製版用光源などに利用。アークライト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android