アーサー エッジヒル(英語表記)Arthur Edgehill

20世紀西洋人名事典の解説

アーサー エッジヒル
Arthur Edgehill


1926.7.21 -
音楽家
ニューヨーク州ブルックリン生まれ。
ハークウェイ音楽院でドラムスを学んだ後、プロとなる。ベン・ウェブスター、ホレス・シルバーを経て、’56年にケニー・ドーハムのジャズ・プロフェッツに、ジジ・クライス、ダイナ・ワシントンとともに参加する。’58年から’60年にかけてはシャーリー・スコット3のレギュラーとなる。その後まもなく音楽界を引退した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android