アーシュラ ル・グウィン(読み)アーシュラ ルグウィン(英語表記)Ursula Kroeber Le Guin

現代外国人名録2012の解説

アーシュラ ル・グウィン
アーシュラ ルグウィン
Ursula Kroeber Le Guin


国籍
米国

専門
SF作家;ファンタジー作家

旧名・旧姓
Kroeber

生年月日
1929

出生地
米国 カリフォルニア州バークレー

学歴
ラドクリフ大学卒;コロンビア大学卒

経歴
ラドクリフ大学とコロンビア大学で、フランスとイタリアのルネッサンス期文学を専攻。フルブライト奨学生としてパリに留学し、そこで知り合った夫と1951年に結婚。’62年作家としてデビュー。’69年に発表した長編「闇の左手」と’74年の「所有せざる人々」でヒューゴー賞とネビュラ賞のダブル受賞を2度も果たした。さらに’73年「世界の合言葉は森」でヒューゴー賞中短編部門、’74年「オメラスから歩み去る人々」でヒューゴー賞短編部門、’76年「ニュー・アトランティス」でヒューゴー賞中短編部門をそれぞれ受賞。また児童ファンタジーの傑作「ゲド戦記」3部作(’68〜72年)でホーン・ブック賞、「こわれた腕輪(ゲド戦記2)」(’71年)でニューベリー賞、「さいはての島へ(ゲド戦記3)」(’72年)で全米図書賞児童文学部門をそれぞれ受賞した。’90年18年ぶりに「ゲド戦記」の4巻目「帰還」を発表して注目を集め、2001年5巻目にあたる「アースシーの風」を刊行。文化人類学、心理学、文学などの幅広い教養をもとに、社会・思想・性などについて、現代への大胆な批評を盛り込んだ作品を書き、“SF界の女王”と呼ばれる。他の作品に「マラフレナ」(’79年)、「オールウェイズ・カミングホーム」(’86年)、「空飛び猫」「魔法の猫」など。近年は“フェミニズムの旗手”としても積極的な発言と行動をつづけており、評論集に「夜の言葉」「世界の果てでダンス」がある。

受賞
ヒューゴー賞〔1969年,1974年〕「闇の左手」「所有せざる人々」;ネビュラ賞〔1969年,1974年〕「闇の左手」「所有せざる人々」;ホーン・ブック賞「ゲド戦記」;ニューベリー賞「こわれた指輪」;全米図書賞(児童文学部門)〔1972年〕「さいはての島へ」;カフカ賞〔1986年〕「オールウェイズ・カミングホーム」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

アーシュラ ル・グウィン

生年月日:1929年10月21日
アメリカのSF作家;ファンタジー作家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android