コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーナンダバルダナ Ānandavardhana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーナンダバルダナ
Ānandavardhana

9世紀のインドの評論家。カシミールのアバンティバルマン王 (在位 855~884) の宮廷に仕えた。独創的な純粋詩理論を唱え,暗示 (ドゥバニ) が詩の本質であると主張し,後代詩論や戯曲論に多大な影響を与えた。主著は『ドゥバニ・アーローカ』 Dhvany-āloka

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android