コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーナンダバルダナ アーナンダバルダナĀnandavardhana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーナンダバルダナ
Ānandavardhana

9世紀のインドの評論家。カシミールのアバンティバルマン王 (在位 855~884) の宮廷に仕えた。独創的な純粋詩理論を唱え,暗示 (ドゥバニ) が詩の本質であると主張し,後代の詩論や戯曲論に多大な影響を与えた。主著は『ドゥバニ・アーローカ』 Dhvany-āloka。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone