アーネスティン アンダーソン(英語表記)Ernestine Anderson

20世紀西洋人名事典の解説

アーネスティン アンダーソン
Ernestine Anderson


1928.11.11 -
米国の歌手。
テキサス州ヒューストン生まれ。
本名Ernestine Irene Anderson。
1955年にジジ・クライスの「ニカズ・テンポ」でレコーディング・デビューし、’56年夏にロルフ・エリクソン等と共にスカンジナビアを旅行したときに録音した「ホット・カーゴ」で彼女の名前を決定的なものとした。優れた才能とフィーリングを兼ね備えているにも関わらず’60年代前半は過小評価されていた。渡英した後、’73年に米国西海岸でアメリカ・ジャズ界に復帰した。代表作として、「ホエン・ザ・サン・ゴーズ・ダウン」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android