アーネム・ランド(英語表記)Arnhem Land

世界大百科事典 第2版の解説

アーネム・ランド【Arnhem Land】

オーストラリア,ノーザン・テリトリー北部,チモール海カーペンタリア湾との間の半島部の東半部を指す地方名。面積約9万4000km2,人口10万(1985)。そのほとんどがアーネム・ランド先住民専用地区になっている。北東端にゴーブのボーキサイト採掘地区(人口3553)がある。先住民専用地区での鉱産資源開発には原則として先住民の同意が必要とされる。地方名は1623年来航したオランダ船名に由来する。【谷内 達】
[美術]
 アーネム・ランドにはアボリジニーが描いた岩壁画や樹皮画が多く見られ,樹皮画は現在も描き続けられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android