コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーネム・ランド Arnhem Land

1件 の用語解説(アーネム・ランドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アーネム・ランド【Arnhem Land】

オーストラリア,ノーザン・テリトリー北部,チモール海カーペンタリア湾との間の半島部の東半部を指す地方名。面積約9万4000km2,人口10万(1985)。そのほとんどがアーネム・ランド先住民専用地区になっている。北東端にゴーブボーキサイト採掘地区(人口3553)がある。先住民専用地区での鉱産資源開発には原則として先住民の同意が必要とされる。地方名は1623年来航したオランダ船名に由来する。【谷内 達】
[美術]
 アーネム・ランドにはアボリジニーが描いた岩壁画や樹皮画が多く見られ,樹皮画は現在も描き続けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーネム・ランドの関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語オーストラリア亜区オーストラリアンバロットオーストラリアン・シルキー・テリアオーストラリアン・テリアオーストラリアン・ヒーラーオーストラリアン・ミスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アーネム・ランドの関連情報