コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーネム・ランド Arnhem Land

世界大百科事典 第2版の解説

アーネム・ランド【Arnhem Land】

オーストラリア,ノーザン・テリトリー北部,チモール海とカーペンタリア湾との間の半島部の東半部を指す地方名。面積約9万4000km2,人口10万(1985)。そのほとんどがアーネム・ランド先住民専用地区になっている。北東端にゴーブのボーキサイト採掘地区(人口3553)がある。先住民専用地区での鉱産資源開発には原則として先住民の同意が必要とされる。地方名は1623年来航したオランダ船名に由来する。【谷内 達】
[美術]
 アーネム・ランドにはアボリジニーが描いた岩壁画や樹皮画が多く見られ,樹皮画は現在も描き続けられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アーネム・ランドの関連キーワードグルート・アイランド[島]グルート・アイランド島オーストラリア先住民ノーザン・テリトリーアーネム・ランドアラフラ海タイパン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android