コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーバックル アーバックルArbuckle, Roscoe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーバックル
Arbuckle, Roscoe

[生]1887.3.24. カンザススミスセンター
[没]1933.6.29. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の喜劇俳優,映画監督。フルネーム Roscoe Conkling Arbuckle。その体型から「ファッティ・アーバックル」(太っちょアーバックル)の愛称で知られた。10歳頃からアマチュアのショーに出演し始め,20歳になる頃にはボードビルレパートリー・シアターなどの巡業公演でベテラン出演者になっていた。成人後は常に 100kg前後の体重だったが,優れた身体能力で観客を沸かせた。1913年からマックセネットキーストン社に在籍。メイベル・ノーマンド,チャーリー・チャップリンらの相手役を演じ,キーストン喜劇の人気俳優の一人となった。若き日のバスター・キートンの才能を見出し,育てたことでも知られる。しかし順風満帆の俳優人生は,ハリウッド黎明期の一大スキャンダルにより終わりを告げる。1921年若手映画女優のバージニア・ラッペが,パーティーの数日後に膀胱破裂で死亡。アーバックルは曖昧な目撃証言に基づき強姦致死容疑で起訴され,マスコミの攻撃にさらされた。3回の公判の結果,無罪評決がくだったが,この事件によりアーバックルは映画から締め出されることになった。1932年友人らの運動により映画復帰を果たしたが,翌 1933年就寝中に死去した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アーバックルの関連キーワード東京芸術大学120周年国民之友雑誌カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩玻璃玄武岩卸売物価指数改良服エスペラント

アーバックルの関連情報