コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーバンコーポレイション

2件 の用語解説(アーバンコーポレイションの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アーバンコーポレイション

分譲マンションの企画・販売を目的に90年、広島市で設立。02年3月に東京証券取引所1部に上場した。「アーバンテラス神宮前」(東京都渋谷区)、「ラ・ポルト心斎橋」(大阪市中央区)などの商業施設のほか、「アーバンビュー」などの名称でマンション開発を進めてきた。08年3月期の連結売上高は前期比35%増の2436億円、連結当期利益は311億円。

(2008-08-14 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アーバンコーポレイション

正式社名「株式会社アーバンコーポレイション」。英文社名「Urban Corporation」。不動産業。平成2年(1990)設立。本社は広島市中区上八丁堀。中古ビルに新たに付加価値を与えて、ファンドなどに販売する不動産再生事業。自社ブランドのマンションの開発・販売も手がける。東京証券取引所第1部旧上場。平成20年(2008)民事再生手続開始決定。上場廃止

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーバンコーポレイションの関連キーワードインテルアークギャバンコーポレーション中部RSCアーバンライフマリモ関西アーバン銀行東建コーポレーション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone