コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーバン・デザイン urban design

世界大百科事典 第2版の解説

アーバン・デザイン【urban design】

アーバンは都市的,都会的という意味で,都市デザインともいう。都市の形態や景観を整え美しくするため,欧米で発達した手法である。都市空間は,多くの建築物,道路,樹木,ストリート・ファニチャーなどによって構成されている。アーバン・デザインとは,この全体をひとつのまとまったデザイン対象としてとらえ,その空間性,形態,色彩などをデザインすることである。目的としては,美しさだけでなく,安らぎ,楽しさ,驚き,個性などさまざまの価値が求められ,人間の感性面の価値も都市づくりに取り入れようとするものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーバン・デザインの関連キーワードルドルフォ マカード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android