アーバン・デザイン(英語表記)urban design

世界大百科事典 第2版の解説

アーバン・デザイン【urban design】

アーバンは都市的,都会的という意味で,都市デザインともいう。都市の形態景観を整え美しくするため,欧米で発達した手法である。都市空間は,多くの建築物,道路樹木ストリートファニチャーなどによって構成されている。アーバン・デザインとは,この全体をひとつのまとまったデザイン対象としてとらえ,その空間性,形態,色彩などをデザインすることである。目的としては,美しさだけでなく,安らぎ,楽しさ,驚き,個性などさまざまの価値が求められ,人間の感性面の価値も都市づくりに取り入れようとするものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android