コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アービトラージ(Arbitrage)

外国為替用語集の解説

アービトラージ(Arbitrage)

裁定取引。鞘(さや)取り。異なる2つの市場の価格差を利用して利益を得ようとする取引。例えば、現物市場の為替レートと先物市場の為替レートの、高い方を売り、安い方を買う事によって差額が利益となる。

出典|(株)マネーパートナーズ外国為替用語集について | 情報

アービトラージ(Arbitrage)の関連キーワードアービトラージャー株価指数先物取引アービトラージ金融先物取引ケーブル裁定取引アーブ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android