アーブラハーム カイパー(英語表記)Abraham Kuyper

20世紀西洋人名事典の解説

アーブラハーム カイパー
Abraham Kuyper


1837.10.29 - 1920.11.8
オランダ神学者,政治家。
元・オランダ首相。
マースライス生まれ。
牧師の子として生まれ、大学卒業後、ベイスト、アムステルダムなどで牧会国教会の改革を試みて免職され、オランダ改革派教会を組織、また1878年には反革命党を創設し、宗教学校への国庫補助参政権の拡大などを主張した。1901年の選挙での勝利により、’05年まで政権を担当、首相となる。この間、’80年アムステルダム自由大学を創立し、教会、国家から自由である高等教育機関を目指し、’98年のアメリカ訪問ではプリンストン大学で講演を行った。主な著書に「王のために」(’92年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アーブラハーム カイパー

生年月日:1837年10月29日
オランダの改革派神学者,政治家
1920年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android